ミュージシャンがステージで使用している楽譜について

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 18:46

ミュージシャンがステージで使用している楽譜について

 

記事の内容

.丱鵐姫藾佞忙箸Γ下鑪爐粒敝茵Cメロ譜とパート譜】

Cメロ譜について【メンバー全員の共通楽譜】

パート譜について

っ擦ぅ螢六間で本番をこなせる楽譜作りの工夫

Cメロ譜には「暗黙のルール」がいっぱい!やりたい事はハッキリ楽譜に記入しましょう

ι萍未鬟瓮鵐弌爾謀呂垢箸の注意点

 

 

 

 

.丱鵐姫藾佞忙箸Γ下鑪爐粒敝茵Cメロ譜とパート譜】

 

 バンド演奏を行うときは、【Cメロ譜】と【パート譜】というバンドスコア(バンド譜)の自分のパートだけが書かれた譜面、主にこの2種類の譜面を使用します。アンサンブルするという事は、みんなが違う音をそれぞれ出し合って一つの音楽を作っていくという事。ミュージシャンは音楽のジャンルや演奏者のスキルによって、これら2種類の楽譜を使い分けています。

 

 

 

 

 

Cメロ譜について【メンバー全員の共通楽譜】

 

Cメロ譜といくのは、基本のメロディーの上にコードネームが書かれている、一段譜です。

細かくいうと、テンポ(♩=100、Mediumなど)や、リズム(Swing,Bassa Nova,Funk Rockなど)が記入されています。

 

あと意外と知られていないのが、Cメロ譜の『C』というのは、要は実音で表記されているという意味です。

パート譜ですと移調楽器に合わせた調号を使って書かれていたり、あとハ音記号を使用する楽器もありますが、Cメロ譜はト音記号(たまにヘ音記号)を使用し、実音で書かれています。

 

この楽譜でメロディー、ハーモニー、リズムで、音楽の基本の三要素を満たしているのです。

メンバーはこの『Cメロ譜』という共通の設計図を頼りに、割と自由に即興的に演奏しつつもみんなで一つのものを作り上げる・・・そんなイメージだと思います。

 

Cメロ譜でアンサンブルするには、トランペットやサックスなど移調楽器の方でもこれで演奏できるように読み方の練習をしなければなりませんし、ギターやベース、鍵盤楽器の方はコードがわかって演奏できないといけません。ドラムも、たくさん音楽を知っていないと音楽の雰囲気にあった演奏ができないので、結局どの楽器の方でも、Cメロ譜で演奏するというのはかなりハードルが高いのかもしれません。

 

なので私が思うに、ピアノのお稽古へ行ってても、なかなか「Cメロ譜でバンド演奏」というところまではたどり着かず、「ミュージシャンだけのスキル」みたいな面があるのかなと思います。

 

ただ、将来バンドをやってみたいというお子様だったら少しずつ『Cメロ譜』に必要な勉強を始めても良いんじゃないかと思います!

 

 

 

 

 

パート譜について

 

『パート譜』が作られる前に存在するのが『バンド譜』という物です。それぞれの楽器に一段ずつ与えられたパートが細かく記載されています。(ピアノの場合は2段、オルガンが3段の場合があります。)

メンバーの人数に応じて楽譜の段数が増えていく感じですが、楽譜が何ページにも渡ってしまうため、それぞれの楽器が出す音を事前に確認して、アンサンブルの中の自分の立ち位置がわかったら、練習や本番では『パート譜』と言って、自分が演奏するところだけが書いてある楽譜を使用します。

 

バンド譜だけでは練習や本番のときに不便だし、パート譜だけでも全体の音楽がわからず情報として不十分。つねにセットで使われる楽譜だと思います。

 

『Cメロ譜』は割と自由度が高いと書きましたが、パート譜では楽譜通りにきっちり演奏するのが基本です。それぞれのパートがきちんと計画されて音楽が作られているので、逆に一人でも違ったことをすると音楽が崩れる可能性があります。

「作曲者、編曲者の意図をいかに正しく読み取って表現するか」というところに楽しみがある楽譜であると言えますね。

 

パート譜はCメロ譜ほど専門知識が必要ないので、楽器初心者の方でもあまり悩まずバンド演奏ができる楽譜なのではないかなと思います。

 

 

 

 

 

っ擦ぅ螢六間で本番をこなせる楽譜作りの工夫

 

メンバーが固定されてるバンドでしたら本番の前に何度も集まって練習することもできますが、ライブ当日初めて会うメンバーと数分リハしたらすぐ本番ということも多いかと思います。

そんなときに大切だと思うことを挙げさせていただきたいと思います。

 

短いリハ時間に対応する楽譜作りで大切なこと

・広げたときに譜面台に全てが収まる楽譜(譜めくりの必要がない、もしくは譜めくりは最小限)

・リピート記号がわかりやすい

・リハーサル記号が書いてある

・最悪初見でもなんとかなる楽譜

 

では、細かく説明していきたいとおもいます。

 

 

 

広げたときに譜面台に全てが収まる楽譜(譜めくりの必要がない、もしくは譜めくりは最小限)

 

どうしても長い曲の場合は譜めくりする必要が出てくるかもしれませんが、なんとか譜面台に収まるように書く工夫をした方が良いかと思います。

 

 

 

リピート記号がわかりやすい

 

セーニョマークやコーダは大きく記入し、リピート記号が複雑になりすぎないようにしましょう。

Cメロ譜を書くときのコツについても、今後取り上げていきたいと思います!

 

 

 

リハーサル記号が書いてある

 

少ないリハ時間では、もう一度ここから!という指示に全員がすぐに対応できるよう、レッテルごとにリハーサル記号「Intro」「A」「B」「A’」「Riff」などをふっておきましょう。

こういうときのためにも、譜めくりがいらない譜面であることの必要性が出てきます。

 

 

最悪初見でもなんとかなる楽譜

 

これは、練習を一切しないという意味の初見ではなくて、楽譜を渡しながら「ここはこう弾いてください」って口頭での説明がなるべく不要な楽譜、という意味です。

楽譜に書けないニュアンスを説明したい時は、譜面の空欄にメモ書きしておけばいいと思います。

 

 

これらは私が経験して得たことではありますが、百戦錬磨のミュージシャンの方々に教わったことでもあります。ですがまだまだ私も勉強不足な部分がありますので、私自身がレベルアップしたらまた内容を追加していきたいなと思います!

 

 

 

 

 

 

Cメロ譜には「暗黙のルール」がいっぱい!〜やりたい事はハッキリ楽譜に記入しましょう〜

 

パート譜はきちっとやる事が書かれているので問題ないのですが、Cメロ譜の場合は細かい演奏は奏者に委ねられているので、自由だけどここだけは絶対こうして!て事は譜面に書いておく必要があります。

 

例えば、スウィングの曲なら「最初のテーマだけは2ビートで、あとは4ビートにしたい」とか、

「絶対この曲はベースからソロして欲しい」とか。ライブ演奏でもそれぞれの曲に特徴を付けたい場合にこうした指示が足されている事はよくあります。

 

私が思うに、ハッキリ指示しないと「暗黙のルール」で演奏が進んでいきます。「リピート記号がついていないけど、曲によってはテーマが2回繰り返されるのが一般的」とか「テーマしか書いてない譜面だけど、絶対このイントロから始まるよね」みたいな。セッションの場ではその方がいいのかもしれませんが、ライブやコンサートの時はきちんと決めた方がいいとおもいます。

 

なんとなくその場の空気で音楽が進行して欲しくないライブやコンサートのときは、スタンダードな曲でも市販の楽譜ではなく自分で書き直した譜面をメンバーに配ると良いと思います。

 

 

 

 

 

ι萍未鬟瓮鵐弌爾謀呂垢箸の注意点

 

たまに移調楽器用の譜面が送られてきたり、必要のない楽譜まで送られてきたり。あと音源とサイズが違う楽譜も結構困りますよね。こういった具合の「そのままじゃ演奏できない楽譜」をもらう事がたまにあります。けどそれって、楽譜を用意する側がするべき仕事を、ただ相手に押し付けてるだけなんですよね。

私もよくわかってない頃は、迷惑な楽譜をメンバーに送ってました。本当に良くなかったなと反省しています。

送られた側が、手直ししたり、ページを切ったり貼ったりをなるべくしなくて済む楽譜が渡せるように心がけましょう。

 

ただ、ここで一つ付け加えたい事項があります。

私はポップスやジャズを演奏するタイプなので、これまでこのような見解で楽譜について語ってきましたが、クラシックが専門の方はまた違う認識でいらっしゃる方も多いです。もし私がクラシック系の楽譜を用意する機会があったら、やはり知識不足な分行き届かない楽譜になってしまう可能性があります。逆に、クラシックの方が用意してくださった楽譜に関しては、少し文化が違ったとしてもしっかり汲み取って、対応するべきだと思っています。

 

バックグラウンドによって楽譜に対する認識にずれがあるのは当たり前ですので、個人のできる限りで「音楽をできるだけ伝わる形で楽譜を書く」それが大切なんだと思います。

 

 

 

本日は『ミュージシャンがステージで使用する楽譜』というテーマでブログを書いてみました。今後も音楽に関する記事を書いていけたらと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

なお同じテーマで解説している動画がこちら

 

 

 

 

ピアノオンラインレッスンのお問い合わせ

e-mail: info@puer.jp

 

プエル株式会社https://home.puer.jp

 

本日は記事を最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

ピアノのオンラインレッスンで学べること

  • 2019.11.01 Friday
  • 19:58

ピアノのオンラインレッスンで学べること

 

記事の内容

 

 愡匐,僚い事』としてのレッスンや、『音楽そのものの感動体験』を求めているならオンラインは不向き

▲ンラインレッスンで学ぶのに適していることはズバリ『プラスαの理論や知識』

『資料を共有すること』でオンラインで不便な点をカバーできる

ぞ綯するためのアドバイスや練習方法のレクチャーなら、オンラインでも十分可能

ネ儖佞垢襪里魯優奪抜超とパソコンかスマホだけ

 

 

 

 

 悗子様の習い事』としてのレッスンや、『音楽そのものの感動体験』を求めているならオンラインは不向き

 

まず最初にお伝えしたいのが見出しにもある通り、『お子様の習い事』としてのレッスンや『音楽そのものの感動体験』を求めている方にはオンラインレッスンは適していないと思います。

ピアノに限らず音楽レッスンの醍醐味は、「音を感じて表現すること」ではないでしょうか。オンライン上では通信環境、マイク、スピーカーの状態に左右され、細かい音楽表現をお互い伝え合う事は不可能です。

そんな状況で、先生がいくらショパンを素敵に演奏してくださったとしても、生徒の感動は半減・・・もしくはそれ以下になっているかもしれません。

 

また小さなお子様のレッスンでしたら、直接先生と会って教えてもらうことで、信頼関係を築き上げながら、音楽を通して様々なことを学んでいける素晴らしい機会になります。

どうしても通いに行けない理由がない限りは、直接指導してもらった方が良いと私は思います。

 

 

 

 

▲ンラインレッスンで学ぶのに適していることはズバリ『プラスαの理論や知識』

 

オンラインレッスンに適しているのは、普通のレッスンをすでに受けているか、受けたことがある人が、プラスαで知識を得たい時だと思います。

例えば、「譜面を読んで演奏はできるけど、コードでも弾けるようになりたい」「作曲・編曲の方法を学びたい」「ジャズ理論を教えてほしい」などです。

クラシックの方も「音楽理論」「和声学」「アナリーゼ」など、普通のレッスンでカバーできない知識があるならそこをオンラインレッスンで勉強するというのは有効かもしれません。

「音大入試の筆記対策」なんかも、オンラインで学べることかもしれませんね!

 

つまりオンラインレッスンで学ぶべき事は『プラスαの理論や知識』ではないでしょうか。音楽セミナーでよく取り上げられるような内容を、一対一で教わることができるのがオンラインレッスンだと思います。

実際私も、クラシックピアノが専門の方や、ピアノ講師、大人になってピアノを再スタートさせた方々へ「ジャズのコード弾き」や「リズムバッキング」「アドリブフレーズの作り方」などをオンラインレッスンで指導させていただいております。

 

 

 

 

 

『資料を共有すること』でオンラインで不便な点をカバーできる

 

普通のピアノのレッスンでは、先生が毎回毎回資料を準備したりという事はあまりないと思うのですが、セミナーの場合は参考資料や譜面が配られますよね? 「オンラインレッスン」で学ぶ内容を考えると、先生が資料を準備しておくのはもちろんのこと、生徒さん側も自分が使用した楽譜や、課題になっていた物を書いた楽譜など、先生にチェックしてもらうために、メールやアプリを利用してあらかじめ共有しておくとレッスン時に非常にスムーズなのではないかと思われます。

私もよく、生徒さんが書いた楽譜に書き込みを加えて送り戻し、生徒さんの復習に役立ててもらっています。

 

 

 

 

 

ぞ綯するためのアドバイスや練習方法のレクチャーなら、オンラインでも十分可能

 

例えば、リズムに関するアドバイスをしたいとき。オンライン上ではタイムラグが発生しているため、生徒の演奏に合わせてカウントをとってあげることができません。一緒に演奏することも、一緒に歌って雰囲気を伝えることも封じられるので(これは結構イタイ!)、先生にとっては「さてどうしよう」という状況になります。(こういう理由でもお子様や初心者の方のレッスンにオンラインが向かないということが言えますね。)

 

ただそこは工夫次第で、お互いのメトロノームを用意しておくとか、「こうやってリズム感を鍛える練習ができますよ」と言って実演したのち生徒さんにも同じことを試してもらうとかのように、全くアドバイスできないというわけでもないので、「上達する目的で練習方法を教える」ということでしたらオンラインレッスンも十分可能かと思います。

 

 

 

 

 

ネ儖佞垢襪里魯優奪抜超とパソコンかスマホだけ

 

こだわり出すとマイクやスピーカー、ヘットフォンも用意するべきかな?と思うところですが、『セミナー的な内容』のレッスンでしたらこれらは正直必要ありません。ネット環境でパソコンかスマホを用意していただければ始められます。しいていうなら、演奏している手元を映し出せるようにスタンドか三脚か、パソコンをおく台(?)があるといいと思います。

 

ちなみに私は手だけを写したり譜面を写したりと、スマホをよく移動させるので、ドンキで1000円以下で買った、足がグニャってなるコンパクトな三脚を使用しています(笑)

 

 

 

 

 

オンラインレッスンの魅力はなんと言っても『好きな時間に自宅でレッスンが受けられる』ことだと思います。そして、『先生のお宅がどんなに遠くても全く問題ない』というところもいいですよね。オンラインレッスンを受けてみたい!と思っている方でしたら、オンラインで教わるのに適した内容で、それをはっきり先生に伝えてから始められるとより良いと思います!

 

私もオンラインレッスンを行っています。30分無料で体験してから決めていただけますので、ぜひお問い合わせください!お待ちしております。

 

e-mail:info@puer.jp

 

プエル株式会社 https://home.puer.jp

多分最速で【コード解説から実践】してる動画

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 17:58

 

先日、コード解説動画を2本立てでをアップしました。

 

 

多分最速で【コード解説から実践】してる動画

 

 

 

 

解説を短くまとめられた理由

 

_残の【度数】の説明を飛ばしたから

 

コード学習では避けて通れない、あの「長3度」とか「短3度」とか「完全4度」とかってやつ。

ゆくゆくは必要な知識ですが、白鍵だけで弾けるコードなら、とりあえず知らなくても弾けるかなっていうことで【度数】の説明は省いています。

 

 

◆撻瀬ぅ▲肇縫奪・スケール・コード】のみで弾ける曲を例に挙げている

 

ハ長調のダイアトニック・スケール・コードの伴奏なら#や♭が付かないので、コード初心者の方でも実践しやすいと思います。

コード初心者では、ダイアトニックなのか、ノンダイアトニックなのかは判断しづらいと思うので、こういう基準で誰かに選曲しておいてもらえると助かるかな、と思って今回はエド・シーランの曲を例に挙げています。

 

 

実践に関してはヒント程度の解説

 

コードの構成音が理解できたら、実際にどう演奏するのか、実演で簡単に説明しています。

あとは試行錯誤していただくステップに入り、もうこの段階まで来れば本格的なコード練習が始まっているはず。

悩んだり時間がかかったりするとは思いますが、そこを前向きに楽しく練習してもらえたら嬉しいです!

 

 

 

私の経験 〜コードが弾けるようになるまで〜

 

私がコードの存在を知ったのは中学1年生くらいです。音楽教室で、自分が生徒として受けていたオーデションの試験範囲にコードが入ってきたのがきっかけで知ったのですが、お恥ずかしい話、当時全く興味を持ててない状態からのスタートだったので、ほとんど上達しない日々でした。しかも練習教材は知らない古い曲ばかり・・・こんなの、できたって何が楽しいの?って感じでやってました。

 

年2回の試験前に練習するだけだったのでホントに下手くそ。コード音を忘れては思い出しての繰り返しでした。ですが気付くと高校生の頃には簡単な進行の曲ならオルガンやピアノでコードを抑えられる状態になりました。それでもまだつっかえつっかえですが・・・

 

転機となったのが、高校3年生の時。

合唱コンクールで森山直太郎の『さくら』をオリジナルアレンジで発表することになり、同じクラスの音大進学希望だった友達と一緒に譜面を制作することになりました。

ここでやっと、今まで勉強していた「コード」が役に立ったわけです。

 

友達の家に泊まりこみ、徹夜で合唱曲を仕上げたのは本当にいい経験でした。

「あ、コードを知ってると、こういうことができるんだ」って初めて気づけたんです。

 

当時の担任には「生徒が楽譜から作るなんて、聞いたことないし上手くいくはずない」と言われてましたが

コード理論がわかってる二人が制作した楽譜なので、ちゃんと仕上がったし、クラスメイトも喜んで歌ってくれました!

 

それからようやく、自分の好きなJ-POPをコードで自主的に練習するようになりました。

やっぱり好きで始めるのが一番なんだなって思った瞬間でもありました!

 

もしこの記事を読んでくださってる方の中でまだコードの勉強に夢中になれていなくても、続けていればきっと楽しいと気付ける瞬間がくると思います。

私のYouTubeチャンネルでも、今後もっとコード学習に役立ちそうなコンテンツを配信していく予定なので

ぜひ一緒に音楽を楽しみながらお勉強していきましょう〜!

 

最後は私の個人的な体験談になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

やさしいコード進行で弾ける洋楽10曲をピックアップ!

  • 2019.10.23 Wednesday
  • 14:04

ポップスやジャズを演奏する時にわかっていると便利なコードネーム。

マスターしたいと思う方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

やさしいコード進行で弾ける洋楽10曲

コード初心者の方が練習しやすく、誰もが知っている比較的最近の曲や旬な曲で

なおかつ鍵盤でメロディーも弾きやすい曲を選んでみました。

私と同業のピアノ・オルガン講師をされている方たちにもお役立ていただけたらと思います!

 

1『 Just The Way You Are 』ブルーノ・マーズ

 

 //  F               / Dm7              /  BbM7                /  F                    //    

 

この循環コードの繰り返しで出来ている曲です。

Fのキー(ヘ長調)で和音の種類は3つだけなので、最初の練習曲に最適だと思われます!

 

 

 

2 『Senorita』 ショーン・メンデス&カミラ・カベロ

 

 

//  Am           /  C            /  F              /  Em          //

 

2019年にリリースされた、情熱的でラテンの雰囲気を持った曲です。

途中ブレイクが入ったり、小節に変化があったりしますが

基本この4つの循環コードで進行され、とても弾きやすい曲です。

 

3『Havana』カミラ・カベロ

 

 

//  Em     C       /  B7              //

 

ひたすらこの繰り返しです。ピアノソロで演奏するには飽きないようにする工夫が必要かも。

けど、歌が入ったり音源と演奏したりすれば楽しいですし、マイナー調の練習になると思います。

また、ラテンフィーリングの伴奏が楽しめるでしょう♪

 

 

 

4 『Sunday Morning』 マルーン5

 

 

 

//  Dm7      G7        /  CM7         //

 

楽譜やコードのサイトによっては9thの表記があります。

勉強が進んでいったら9thも意識すると良いと思いますが、とりあえず7thがわかるようになったらトライして欲しい曲です。

キーもCで、コード進行自体はとってもやさしいです。ただ、問題はリズムです。

この曲は16分音符のシンコペーションが特徴なので、それが非常に難しい! 

リズムがクリアできそうならオススメです♪

 

 

6 『Payphone』 マルーン5

 

 

//  E          /  B         /  G#m      /  F#         //

 

同じくマルーン5のヒット曲から。

ある程度簡単な調の和音が押さえられるようになってきたら、

このようにBのような調号が多いキーでも、新しいコードの練習をどんどんして行きましょう!

弾けるコードを無理なく増やしていけるはずです。

 

 

 

7 『 We Are Never Ever Getting Back Together』 Taylor Swift 

 

 

 //  Cadd9     /  G        /  Dsus4      /  Em7        //

 

時々見かけるadd9やsus4。この曲でマスターしたら楽しくクリアできるでしょう♪

また、曲の変わり目ごとに伴奏系を変えてコード伴奏のバリエーションを考えるトレーニングもぜひやってみてください。

ピアノでも、十分雰囲気を出して演奏できる曲です。

 

 

 

8 『Cheap  Thrills』 Sia

 

 

// F#m       /  D           /  A          /  E           //

 

#が多くリズムも細かいので、コードに慣れてきた頃にオススメの曲です。

一見単純な循環コードですが、Siaの曲は独特な世界観があり、毎回新鮮な気持ちにさせてくれます。

 

 

9 『Let it be』 ビートルズ

 

 

単純な循環コードの進行に飽きてきたら、オススメなのがこの曲です。

映画『イエスタデイ』が公開中なので、今弾くにはピッタリ♪

基本的にCキーのダイアトニック・スケール・コードで弾けますが、イントロとエンディングにBbが出てきますね。

 

 

コードを調べるのに便利なサイト

移調も一瞬で検索できます。

 

 

10 『Thinking Out Loud』 エド・シーラン

 

 

こちらはD keyのダイアトニック・スケール・コードで弾ける曲です。

原曲は素朴な雰囲気ですが、さらっと弾けたらカッコイイ曲だと思います!

 

 

楽譜に頼らず、コードで弾けると
ピアノの楽しみは広がる!

 

コードの勉強は、曲やアーティストの特徴やパターンを掴むのにも大変有効です。曲の構造がわかれば、コードを見て、その時自分が弾ける最適な伴奏系で演奏ができるようになります。コードの勉強を進めながら同時進行で、各ジャンルのリズムを取り入れた伴奏ができると、さらにピアノ演奏が楽しくなると思いますよ!

 

 

コード関連のYouTube

 

 

私が運営しているYouTubeチャンネルです。良かったらご視聴ください♪

 

独学に限界を感じたら、ピアノオンラインレッスンも受け付けております。

そちらもぜひお問い合わせください!

プエル株式会社

e-mail: info@puer.jp

 

好きな曲で楽しくコードを学ぼう!

ピアノが弾けるなら、または、ピアノを習っているのなら。

ぜひコード弾きにチャレンジしてみてください。

家族や友人、周りの人をハッピーにできる音楽スキルはコード弾きだと、私は思います!

ピアノがあって、スマホでコードを検索すれば、みんなが知ってる歌をすぐに弾いてあげられるし、伴奏してあげることだってできるのだから。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

WEBSITE

PUER INC.(プエル株式会社) https://home.puer.jp

Facebook

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM